花と木

ミドリ

アオギリ。先週のものです。 今日も見に行こうと思います。 これも先週のものですが 井の頭公園で。 12月1日のコンサートは 残りのお席があと僅かとのことです。 ご検討くださっているかたいらっしゃいましたら どうぞお早めにご検討ください。

満ちる

お教室の発表演奏会がちかづいてきて レッスンの時間が いま増えています。 自身の時間が減っています。がしかし、この、なにかが拡大していくような、 あるいはものの密度が増していくような、 あるいはなにかが流れ込んでくるような、 この感じはなんだろ…

秋の雨の日

窓硝子がじゃぶじゃぶ濡れる雨の日。きょうは 長々と過ごした秋休みを終えての かなり緊張を伴う (すっかり勉強から遠ざかっていたので) フランス語学校の秋学期の最初の授業の日 だったのだけど末っ子の体調がいまひとつで 学校を休んだので わたしもお休…

曼珠沙華

きのうは寄り道して 曼珠沙華の群生しているはずのところへ 行ってから 出かけました。毎年、現れているのを見つけると はっとする静かな花。

love

ちょっと前のアオギリ。木は 土の養分、水を吸いこんで こうりっぱになるわけだけれど人にとってのその養分、水というのは ひとことで言うなら愛、なんだな と思う。それは日々の充実 にとっても 表現や活動 にとってもというよりまずは 健康、生命の存続 の…

さるすべり

さるすべりの鮮やかな季節になって 嬉しい。台所の窓からも 何軒か先のお家のさるすべりが 見えます。そして去年のいまごろのことを 思い出します。

水辺の灯り

この暑さは、、、、地球のなにかを焼いているのかな?なにか、強力に 昇華させたいものでもあるのかな?なんでいちいちこんなに 極端なんだろう と思うと同時に 思うこと。もしそうなら わたしも わたしのいらないものを 一緒に、ジュッと、焼き切りたい。。…

スープ

ちょっとした出会いと またちょっとした出会い むかしから好きだったもの 好きだけれど忘れていたもの 思うことそれらはみんな ひとつのお料理の材料でくつくつ煮込んでいって いずれオリジナルなひと品になる。なにになるのかはわからない 職業の名前みたい…

たてとよこ

きょう bescherelle ていう フランスの学校では誰もが持つらしい conjugaison 活用の本 のアプリを iPhoneに入れました。 活用ではいちばん信頼できるとフランス人の先生にきき。ものすごく快適で好きです。 みやすい。わかりやすい。 いつでもどこでも見ら…

青々

わたしのお友だちアオギリくん あっという間に青々! 4月は山吹がきれいでした。 一瞬のことでしたが、、 これはいつかの、雨のあと。 5月は薔薇をたのしみたいです。

ラナンキュラス

ちょっとずつ色のちがうラナンキュラスを 5本。フランス語の冬学期が終わって 修了試験に合格できたら 不相応なくらい大きな花束を買おう とずっと思ってたのだけどその前の日に 母のお誕生日のために 赤一色の花束を買い 母に渡すまでの1日 うちで水に挿…

桜と絵本

庭園美術館の前の桜。 わたしはこのくらいの咲き加減が 好きです。 これは週末の、ちかくの小道。 庭園美術館では 鹿島茂先生のフランス絵本コレクション たのしんできました。 ただ、まあ、 あたりまえでしかたのないことですが たくさんの本を前にして そ…

マンサク、日向水木

さんぽ日和。朝、平日よりゆっくりの時間に ゆるゆると 近くまで歩いていたら このマンサクの花が 満開になっていた。 しばらく来てないうちに…! 出遅れたー と思いながらかけ寄り 写真も撮ることでした…。 日向水木も くるくると かわいらしい蕾をつけてい…

名前はなんでも

関係の名前は お知り合い、お友だち、 仕事仲間、仕事相手、 先生と生徒、 親子、兄弟、恋人、夫婦、 その他なんでも 名前がつかなくてもその人との間ならではで できること 成立すること 共有できること 話せること してもらえたりあげられること がある と…

どんな人になるか

おなじ「音楽が好き!」やあるいは「音楽家」と言ってもそのなかのどんなものを味わいたいのかや どのような性質をのばしたいのかということは 10人いたら10通りだと思う。それぞれの持つ、学びたいテーマはたとえば 創造的になる 自信をもつ じぶんのも…