la nuit

夜が行ってしまうとき
夜はときどきポンと
藪から棒みたいな気づきの玉を
置いて行ってくれる。

それはすぐに溶け始め
朝が来たとき行ってみても
もうそこにはない。

本当は毎日
なにかを置いてくれているのに
わたしがぐうぐう寝ていて
気づけてない
のかもしれない。

藪から棒というのは
本当にぽんと
前後関係なく
あ、あのときあの人が意図してたのは
こんなことだったんだ
とか
わたしはこうだと考えていたけど
実際にはこうだ
とか。
どれも、思ってもみなかった内容。

突然のそのピースで
パズルがぴったりと合う。
夜さんありがとう、、朝が来る前
未明のなかで
夜という人物がさっと去っていくのを
感じます。