秋の雨の日

窓硝子がじゃぶじゃぶ濡れる雨の日。

きょうは
長々と過ごした秋休みを終えての
かなり緊張を伴う
(すっかり勉強から遠ざかっていたので)
フランス語学校の秋学期の最初の授業の日
だったのだけど

末っ子の体調がいまひとつで
学校を休んだので
わたしもお休みすることに、、、

えーここで休んだらますます、、という叫びも
聞こえたものの
まあいいかとゆっくりすることにして

のんびりお灸してあげたり
わたしもゆっくり半身浴したり、、
という時間を過ごせました。

長い半身浴をして冷えを取ると
いいことばっかりで
・顔色がよくなる
・むくみも取れる
・疲れにくい
・心が緩む、ぽろっとした発見が増える
などなど。

わたしは若いときから毎日えらく顔が違うのを
自覚していましたが
要するに日によってむくむく度合いが
ちがうのです。
夜になるとすっきりしてくることが多い。

で、むくむくしないには
お酒を控える
とか
よく寝る
とか
あれこれ試してきたけれど
あまり効果がなく。
人によって原因は違うのでしょうが
わたしの場合は
冷えによる循環不良が
大きかったみたいです。

練習もまあまあ、できました。

前に弾いたものをまたさらっていると
前のときは気づかなかったと思う美しさ
に多く出会う。

思うに、初めって、
こうありたい、こう聴いてほしい
がどうしても前へ出てくる
のではないかな、、

少し経ると
それよりも
響きの中に発見するひだひだの美しさに
ぼおっとなって
それに身をまかせるようなところ
が出てくるような気がします。


ちょっと前のものですが
さるすべりの花の減っていくところ

いまは金木犀の匂いがいっぱいですね
末っ子は
おいしそうな匂い!
と喜んでいます